由緒

  1. HOME
  2. 神社由緒
高塚熊野神社

神社由緒

当社は、後三条天皇の延久年間(約940年前)に創建されたと口伝され、紀州和歌山の熊野本宮の神主が、諸国行脚の途中でこの地に足を留めて祭祀したと伝えられ、熊野三社権現と称えられました。

ある時、神主が「高い丘を作って人々を救え」という不思議な夢を見たので、村人と図って神社の裏山に土をもりあげました。

その後、「安政の大地震」が起こり、津波の為多くの死者が出ましたが、この里の人々はこの丘に避難して難を逃れたと伝えられます。又一説には、大津波の犠牲者をこの地に葬り沢山の砂を浜から運んで(浜垢離の起源)、高い墓を築いたと・・・。

大きな(高い)墓(つか)であったので大墓、後に高塚(たかつか)と呼ぶようになり、地名になったと伝えられています。

御祭神

御本社

  • 伊佐奈伎命:(いざなぎのみこと) 万物の神様

  • 事解之男命:(ことさかのおのみこと) 悪霊消除の神様

  • 速玉之男命:(はやたまのおのみこと) 諸願成就の神様

別社

  • 秋葉神社(火之迦具土大神)
  • 天白神社(天白之大神)
  • 八柱神社(天之忍穂耳命・他7柱)
  • 津島神社(素戔嗚尊)
  • 天照皇大神宮(天照大御神・他1柱)
  • 山住神社(大山祇命)
  • 福神社(大国主命・他1柱)

境内社

稲荷神社(倉稲魂命・保食神)

♦御神徳
開運招福・諸災消除・諸霊鎮魂 など

♦御祈祷
厄除開運・学業成就・交通安全 など

♦ご相談
年回り・家相・悩み事 ・命名 など

♦出張祭典
地鎮祭・家祓い・竣工祭 など