1. HOME
  2. 初宮詣・命名

初宮詣、初宮参りとは、赤ちゃんが無事に生誕1か月目を迎えたことを神様にに感謝して報告する行事です。

一般的に男の子は三十一日目、女の子は三十三日目に行われていますが、地域によって異なります。

 

 

 

 

 

高塚熊野神社では赤ちゃんの命名も承っております。

七日目のお七夜には、名前を書いた紙を神棚や床の間に貼り、家の神様に家族の一員としてお守り戴くようお願いをします。昔は子供が誕生しても、必ずしも無事に育つとは限らなかったことから、無事「七日目」迎えられた事と子供の成長をお祝いいたします。

その他ご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。