高塚熊野神社公式ホームページ

神社の由緒

神社の由緒

高塚熊野神社の由緒

高塚熊野神社

当社は、後三条天皇の延久年間(約940年前)に創建されたと口伝され、紀州和歌山の熊野本宮の神主が、諸国行脚の途中でこの地に足を留めて祭祀したと伝えられ、熊野三社権現と称えられました。
ある時、神主が「高い丘を作って人々を救え」という不思議な夢を見たので、村人と図って神社の裏山に土をもりあげました。その後、「安政の大地震」が起こり、津波の為多くの死者が出ましたが、この里の人々はこの丘に避難して難を逃れたと伝えられます。又一説には、大津波の犠牲者をこの地に葬り沢山の砂を浜から運んで(浜垢離の起源)、高い墓を築いたと・・・。
大きな墓(つか)であったので大墓、後に高い?、
高塚(たかつか)と呼ぶようになり、地名になったと伝えられています。

御祭神

伊佐奈伎命

(いざなぎのみこと) 万物の神様

事解之男命

(ことさかのおのみこと) 悪霊消除の神様

速玉之男命

(はやたまのおのみこと) 諸願成就の神様

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional